中学生向け認知症サポーター養成講座【中野林ゆめの園在宅介護支援センター】

9月16日(金)さいたま市立土屋中学校にて認知症サポーター養成講座が行われました。
社会福祉協議会様の主催で、さいたま市西区の地域包括支援センターや在宅介護支援センターが認知症について
の啓蒙活動を行っています。
認知症は老化と異なり、周囲の理解や適切な対応により症状を遅らせることができることを学びました。
認知症の仕組みや良い対応、悪い対応の仕方について、中学生にも理解しやすいように模型や劇を通して説明が行われました。
道に迷って困っている場合のシュミレーションでは、中学生が学んだことを実演してくれました。
「認知症」という言葉は知っていても身近に高齢者がいない子供たちが多く、これから社会に出ていく中学生に思いやる気持ちを
伝えられた貴重な時間であったと思います。

様子はこちらです。

詳しい募集要項はこちら

ページの先頭に戻る