認知症サポーター養成講座に参加しました【中野林ゆめの園在宅介護支援センター】

9月29日(金)さいたま市立土屋中学校にて認知症サポーター養成講座が行われました。
地域包括支援センター・在宅介護支援センター合同で実施し、認知症とはどのような病気なのか、また認知症の方にどのように接したら良いのかについて、中学生に分かりやすく、そして関心を持ってもらえるように演劇を交えて説明が行われました。

先生方や中学生自身も実際に劇に参加して頂き、“よく話を聞き、ゆっくりと笑顔で話す”という会話の基本を実践する機会もありました。
おじいちゃんおばあちゃんとの同居率は約1割で、認知症の方と接したことがない中学生が多い中でしたが、劇を通してとても分かりやすく認知症への理解を深められたとの感想を頂くことが出来ました。

様子はこちらです。

詳しい募集要項はこちら

ページの先頭に戻る