開設にあたって

私どもは法人設立以来、法人の理念である「家族愛の精神」で特別養護老人ホームを中核に、地域の方々の協力を得ながら各種の福祉サービスを提供してまいりました。高齢者も障がい者も皆、住み慣れた地域で最後の一瞬まで、その人らしく暮らして頂くために、役職員一同、日々究極の介護サービスを目指しております。

今般、板橋区が公募した「旧若葉小学校跡地高齢者福祉関連施設等整備運営事業」において、私どもの提案が審査の結果、事業予定者としての選定をいただきました。

旧板橋区立若葉小学校は、平成17年4月に閉校し既に8年余りの歳月が経過しています。 私たちは、ただ単に新しい施設を整備するのではなく、閉校してしまったこの学校とこの地の良い所、残すべきモノ、語り継ぐべき事柄にフォーカスを当て、有効活用する中で、より複合的で整った機能を持つ施設に生まれ変わらせることを目指し、提案内容を精査していきました。

小学校が福祉施設として生まれ変わったとしても、ここに「若葉小学校」があった事実・記憶・名前がしっかりと刻み付けられ、まさに「学校」のように地域の方々の人生に寄り添い、愛される施設であり続けたい。
「新しいけど、懐かしい。」そんな施設にしていきたい。
私達はそう考えています。

社会福祉法人ハッピーネット

理事長  伏見 広一